次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

夏の定番お土産、富良野メロンの激安店!!

南富良野町

夏の定番お土産、富良野メロンの激安店!!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

「ここで買えばよかった。。。」の声、続出 !!

富良野の夏の定番お土産と言えばやはり「富良野メロン」。いつしか夕張メロンと並ぶ北海道の名産に数えられる存在になってきました。とりわけ富良野市街地から国道38号線で帯広方面に向かって数キロ、JRで言えば富良野の次の駅、布部(ぬのべ)から山部(やまべ)の一駅の間のその国道沿いに、10軒ほどのメロン農園の直売所が並ぶ通称「メロン街道」には、7~8月にかけて、多くの観光客が押しかけています。

富良野のリピーターの方ならば、それぞれ御贔屓(ごひいき)の直売所があるかもしれませんが、一度覗いてみて頂きたいのが、その山部の駅から7キロほどにある農産物直売所の「作倶楽(さくら)」です。

「メロン街道」のどこに ?

その直売所の場所は、「メロン街道」の中心部では南端になるJR山部駅周辺から更に南へ5km程行った「東山やなぎ」の信号を右折し金山湖方面へ。つまり占冠ICに向かう237号線に入り更に約2Km。JR下金山(しもかなやま)駅のすぐ近くにあります。

目印はやはり駅ですが、それ以外にも大きなレンガ倉庫が目にとまることでしょう。ちなみにこのレンガ倉庫、現在は耐震補強の必要性もあり実用されておらず、地元では活用、保存、取壊しと意見が分かれている様子。しかし道内に数多くあるレンガ倉庫とはいえ、この倉庫は格別に風格があり、多くのカメラマンがわざわざ撮影していくなど、個人的には是非保存、活用して頂きたいものと感じます。

また徒歩2分程のところに空知川に架かる道内では珍しい吊り橋もあり、ちょっと休憩がてらの散策にもってこいです。

話がそれましたが…

このレンガ倉庫のすぐ前にあるのが農産物直売所の「作倶楽(さくら)」です。実はこのロケーション、札幌・千歳方面から富良野に向かう際に、道東自動車道の占冠(しむかっぷ)ICを降りて占冠の町中を抜けると、そこから約30km、一軒も飲食店がなく、初めて出てくる店にもなります。そのため、たまたま休憩に立ち寄ったお客さんが、そのメロンの値段を見てびっくり!。逆に富良野観光からの帰りに立ち寄られたお客さんは、その値段に少なからずショック!を受けられている様子。

それもそのはず、競合店が立ち並ぶ「メロン街道」の値段よりも更に2/3~半額程度の値段・・・肝心の味はというと・・・全く遜色(そんしょく)ない、というかむしろ美味しいとの噂も。勿論自然の産物なので、同じ農園でもその年や時期で多少のバラツキはありますが、試食もできますし、私自身たびたび利用させてもらっていますが、味の平均値もかなり高いです。

富良野の各所でお土産のメロンの発送を依頼して、帰路の占冠インターまでの途上でたまたま立ち寄ったこの店で、その安さに驚き試食をしたお客さんの多くが「しまった、ここで買えば良かった…」との声になり、そして自分用に手持ちで一つ買っていかれることもしばしばとのこと。。。

そもそもどんなお店?

元々この直売所、平成18年夏に、この下金山地域の農家さん数軒が協力し、特に農家の奥さん達が地域活性化に貢献できる拠点作りをとの目的で開設されました。

以来十年余り、毎年5月下旬から10月下旬までの5カ月間、地域の皆さんに愛される店として運営されてきました。11月から翌5月までの半年間も、地域の農家さん達が様々な連携を図る拠点、集会所としての機能を果たしています。

今では南富良野町の「ふるさと納税」の返礼品や、富良野の人気ホテルの料理長が毎朝のように仕入れに来るなど、知る人ぞ知る存在になってきていますが、一般の観光客にはまさに口コミで少しずつ広がっている「穴場の店」的な存在に留まっています。

何故そんなに安いの?

そこで気になるお値段は・・・

各農家さんが自分たちの想いをこめてそれぞれが値段を設定されたままで提供されています。なので同じ野菜でも敢えて値段は統一されていませんが、このメロンに関しては提供されている農家が限られており、いつでも安定した価格で出されているようです。

しかもこの辺り、メロンの産地故にご近所から時々メロンのお裾分(おすそわけ)があったりで、わざわざ買うには値段が安くないと…という感覚のために、他の直売所のように「観光地価格」「ブランド価格」には出来ないというのが実態の様子。

とは言え、それでも富良野から札幌・千歳方面への道中でまさに出入り口的な立地のため、噂を聞いた観光客も次第に増え、今では品切れが続きメロンが入荷されれば直ぐに売れてしまうという、嬉しい悲鳴を越えて悲鳴に近い状態だとか。

よって今回このご案内も、敢えてお中元の時期を越して、残り一週間くらいのタイミングでの掲載となった次第です。

この店の情報はどのようにしたら…

このように地域に根差して細々と運営されてきたお店で、今までは殆どPRなどもされていませんでしたが、平成27年秋から配属された「地域おこし協力隊」の尽力により遂にホームページも開設されました。

しかし特にメロンは先述の通り品薄が続くために、ネット販売では対応しきれないとの判断で、現在はまだ店頭か電話受付のみの販売となっています。それでもホームページによって、メロンだけでなく多彩な野菜の販売が行われていることや、その品質の良さがうかがわれ、次第に問い合わせも増えているとのことです。

先述の富良野の人気ホテルの料理長も、数年来その価格のみならず、品質、多彩さに惹かれて通われている様子。決して大きなお店ではありませんが、その密かな実力が高く評価されているようです。

メロンはいつ頃まで?

例年、メロンに関しては8月20日頃までの販売となっていて今シーズンも残り僅かになっています。先述の通り品薄が続くために需要ピーク時のご紹介ははばかられていましたので、今からのお買い求めはまさに運だめしの感ですが、ホームページも出来ましたし、来年度のご贈答などには是非お試し頂ければと思います。

実は今年これでも少しメロンは値上げされたとの事。それでも相変わらず激安ですので、来年度も大きく変わらないと期待できますが、五月末のオープン頃には情報をチェックされることをお勧めします^^

最後に、メロンの食べ頃について^^

こちらのお店でも、それぞれのメロンに「食べ頃」の時期を表示されています。
ここで少しご注意頂きたいのが、この「時期」はあくまで常温で保存されていることを前提にしているということです。

お店の方に伺うと、時々お客さんから「なかなか熟さないけどどうして?」との問い合わせがあるとの事で、それは大抵、冷蔵庫で保存されているとの事です。メロンもトマトなどの野菜同様に、流通等の事情で食べ頃より少し早目に収穫しますが、常温ですとその後少しずつ熟し(追熟といいます)ていき、次第に底が柔らかくなって甘い香りが漂うようになった頃が食べ頃だと言います。
そのおおよその目安を「食べ頃」として表示されています。

逆に食べきれずに少し残ったり、数日後に孫が来るのでその時まで…という場合には、この追熟を遅らせるために冷蔵されると良いとのこと。

尚、この店ではその食べ頃のメロンをその場でカットして提供するカットメロンも出されています。近年、ご多分に漏れず海外からのお客さんが増え、このカットメロンのニーズも増しているとのこと。
実はこのカットメロンも他店よりもお得な価格で提供されていることを、最後にこっそり申し添えておきます^^

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!